変わらない味と作り方、
愛され続けるあんどうなつ

菓子処 植松は、1890年に自然豊かな山梨県上野原市で創業し、4代続く和菓子屋として、日々和菓子づくりに勤しんでいます。植松の「あんどうなつ」は、先々代から続くお菓子であり、なめらかなこし餡と表面のサクサクとした食感が特徴です。適度な大きさ、控えめな甘さなど、老若男女みなさまに人気があります。菓子はすべてが手作りで、あんこも北海道産の小豆を使い、手間暇をかけて作っています。厳選された素材を使い、手作りの温もりと体にも優しい自然な味をお召し上がりください。

菓子処 植松 4代目 植松正弘

名菓 あんどうなつ

受け継がれた変わらない味

植松のあんどうなつの作り方も味も、昔からなにも変わっていません。先々代から引き継いだ、なめらかなこし餡、そして表面のサクサクとした食感が特徴です。時代をこえ、今も多くの人に愛されるあんどうなつをどうぞお試しください。

酒まんじゅう

酒粕ともち米の粉、小麦粉などをブレンドした独自の生地。北海道産の小豆を使った口どけの良いこし餡を包みました。お酒の芳醇な香りと共に楽しめる一品です。

ゆずまんじゅう

地元である上野原の柚子だけを使ったお饅頭です。柚子ならではのさっぱりとした柑橘系の香りと北海道産の小豆を使った潰し餡の組み合わせをお楽しみください。

船守もなか

地元、上野原にまつわる逸話に基づいて作ったもなか。延べ三日かけて作るもなか餡は、昔から長く受け継いでいる伝統の味です。

キヌアおかき

全国でも珍しい国産(上野原産)のキヌアを使用したおかきです。ガリガリっとする食感と和風だしの塩味とともにお楽しみください。

菓子処 植松

慶事用、弔事用菓子なども承ります。また地方発送も承っております。くわしくはお電話にてご相談ください。
電話: 0554-63-0107

〒409-0112 山梨県上野原市上野原578 [地図]
営業: 9:00~18:00(日曜日のみ17:30閉店)
休み: 月曜日

※ただし祝日やお彼岸お盆などの期間中の際は営業。その翌日に振り替えとなる場合がございます。

© Kashidokoro Uematsu